THOMAS GILLANT










When the weather is indecisive, subtle shades of grey blend with more vivid tones in the sky. A sudden shift in the atmosphere, and a shaft of light breaks through the fading veil of the clouds, slashing them like a giant brush. Settling under those skies, this series of paintings explores the possibilities of working with multiple layers of oil paint, and exploits the tension created between colour gradients and brush marks.

Inspired by the idiom “every cloud has a silver lining”, these abstract paintings are experiments resulting from happy, and sometimes unhappy, accidents, attempting to take advantage of the outcomes. Emulating the process of working with image editing software, layers of acrylic paint form the foundation for subsequent layers of oil paint, altered by scrapers and brushes to reveal the silver linings of each canvas.

This influence of the digital on the analogue creative process is present in the earliest stages: sketches on paper are scanned to make colour variations on a computer, then transferred onto canvas with brushes, rollers and spray guns. And so we see expressive gestural strokes contrasting with aspects that resemble the aesthetics of CGI: the blurriness of lo-res JPEGS, pixellation, and colour gradients.

While the surface remains mostly flat, like a screen, the use of gradients gives dimension to the space. Here a line glows like a neon tube and advances; there a light emerges burning like a flare... Similarly, passages of colour create a sense of depth: iridescent paints illuminate the muddy tones, whereas vivid colours are muted by darkish fogs. Blunt flatness and artificial depth are in constant dialogue. Titles such as ‘Shimmers on an electric pole at night’ and ‘Haze of hot and cold hues’ encapsulate the analogies between natural phenomena and painting experiments.

Text edited by Paul Rowland        






















どんよりした空模様の時、空を見上げると微 妙なグレーの色調とより色鮮やかな色調とが 混在していることがあります。その折、急激 な大気の変化により薄らいだ雲のヴェールを 破るように巨大な筆で雲を切り裂く光束が現 れます。このような空の下で、このペイン ティングシリーズは生まれました。油絵具を 何層にも重ね、色のグラデーションと筆跡の 間に生じる緊張感を利用することで、作業中 に偶然に生まれる可能性を探っています。

英語圏の「どんな雲にも銀の裏地がある」と いう慣用句にインスパイアされ出来上がった 今回の抽象絵画シリーズは、仕上がりから方 向性や可能性を見いだし、予期せぬ結果から もそれを生かし、試行錯誤しながら展開させ ていくという実験的な要素を含んでいる。画 像編集ソフトで作業する際の一連の動作を別 の行為に倣って、アクリル絵の具の層が土台 となり、その上に油絵の具の層を重ね、最後 にスクレーパーやブラシで加工したものが、 それぞれのキャンバスに銀色の裏地を浮かび 上がらせています。

紙に描いたスケッチをスキャンしてコン ピュータでカラーバリエーションを作り、ブ ラシやローラー、スプレーガンを使ってキャ ンバスに転写するのです。そして、表現力豊 かな筆の動きであるストロークと、低解像度 のJPEGのぼかしをピクセル化し、色のグラ デーションを足すといったコンピューターグ ラフィックス(CGI)の美学に似た側面が対 照的に見られます。

表面はスクリーンのようにほとんど平面なま まですが、グラデーションを使うことで空間 に立体感を与えています。同様に、色彩にも 奥行きを感じさせます。虹色の絵の具が濁っ た色調を照らし出し、鮮やかな色彩は暗い霧 に覆われています。ぼんやりとした平坦さと 人工的に作り出された奥行きとが、常に対話 をしています。「夜の電柱の揺らぎ」「熱と 冷の色相の靄」といったタイトルは、自然現 象と絵画的実験の類比を表しています。